ISO27001(ISMS)導入実践コース

ISO/IEC27001対応

セミナー・トレーニング

情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)導入実践コース

本コースは、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)認証規格に基づいた情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)の導入方法を紹介し、ISMSの導入の実際を理解することを目的とします。ISMS制度の理解を前提におきながら、ビジネスに直結する ISMS導入方法に関して、より実践的なメソッドの修得と理解に最適なコース編成となっています。
ISMS導入実践トレーニングコース受講風景
  AM 9:30〜12:00   PM 13:00〜17:30
(適宜休憩)
1



2

講義/課題
BSIジャパンの講師陣の講義とワークショップを交互にこなしていきます

講義/ワークショップ
グループでISMSを導入する組織を仮想し、PDCAのステップを1つ1つ追っていくことで、ポイントを確実につかむことができます
課題/グループ演習
受講生同士の活発なディスカッションの結果を発表資料に反映させていきます

日  時 トレーニングは以下の日程で2日間(9:30-17:30)開催されます。
(進捗状況により時間が変更になる場合がございます。)
2018年2月5日(月)〜2月6日(火)
場  所

BSIグループジャパン株式会社 BSI Training Academy
(東京都港区北青山2-12-28 青山ビル / お客様受付:3階)
最寄駅:東京メトロ銀座線 外苑前駅

定  員 20名
※定員になり次第締め切らせていただきます。
受講費用 80,000円(税抜)
ご用意いただきたいもの

コースで使用する下記の規格書をご用意下さい。

JIS Q 27001:2014 (¥3,000) または
ISO/IEC 27001:2013 (¥15,340)


※ 表示は税抜価格です。

※ 閲覧用として貸出しも可能ですが、書き込みおよび教室からの持ち出しはできません。

お申込方法 申込フォームに必要事項をご記入の上、お申込下さい。折り返し、受講票ならびに請求書を郵送にてお送りさせていただきます。 尚、受付は先着順となりますので、定員になり次第申込を締め切らせていただきます。 申込者が指定人数に満たない場合は、本コースを中止させていただくことがあります。ご了承ください。
お申込はこちらから
お支払い方法 お申込後、請求書をお送りいたしますので、コース開催初日の2週間前までに所定の口座にお振込下さいますようお願いいたします。 銀行振込受領証をもって、領収書に代えさせていただきます。
キャンセルに関して お申込後、キャンセルをされた場合には以下のキャンセル料が発生いたしますので、ご注意下さい。
お申込み受付日〜開催日の14日前までの キャンセル 受講費用の30%
開催日の13〜7日前までの キャンセル 受講費用の50%
開催日の6日前〜当日の キャンセル 受講費用
全額
コース内容
ISMS導入メソドロジー(演習を交えて実施します)

BSI の ISMS メソドロジーである以下の各モジュールをその順序に従って論理的に理解していただけます。 また各モジュールには演習問題が含まれており、グループ編成したチームで取り組んでいただきますので、 ISMS導入のための実践的な内容になっています。


セクション1−組織及びその状況の理解(箇条4.1)

セクション2−利害関係者のニーズ及び期待の理解(箇条4.2)

セクション3−ISMSの適用範囲の決定(箇条4.3)

セクション4−方針(箇条5.2)

セクション5−ISMSリスクアセスメント(箇条6.1.2)

セクション6−ISMSリスク対応(箇条6.1.3)

セクション7−情報セキュリティ目的及びそれを達成するための計画策定(箇条6.2)

セクション8−箇条7.5文書化した情報

セクション9−箇条9.1監視、測定、分析及び評価

セクション10−不適合及び是正処置(箇条10.1)

対象者
本コースは、特に以下のような目的、技能をお持ちの方に有用です。
  • 情報セキュリティに関する管理責任者の方

  • リスク管理責任者の方

  • 情報セキュリティマネジメントシステム構築に責任を有する方

  • コンサルタントの方

  • その他、ISO/IEC 27001及び情報セキュリティマネジメントに興味をお持ちの全ての方

受講のメリット
  • ISO/IEC 27001に適合した情報マネジメントシステムを構築・導入・運用するために必要なスキルを身につけることができる

  • 競争優位や顧客からの信頼を得ることにつながる、ISO/IEC 27001の認証取得に必要なスキルを身につけることができる

  • 専門的能力開発の機会を得ることができる